FC2ブログ

古代舞靈研究所 お知らせブログ

イベントのお客様、古代舞靈研究所 会員様用 【イベント詳細情報・稽古日程変更・HP更新情報など】

≪“A Course in Miracles” 勉強会≫ 2019年 3・4月の予定 【マニュアル編】

≪“A Course in Miracles” 勉強会≫ 2019年 3・4月の予定 【マニュアル編】

古代舞靈研究所では、心と身体と魂をつなぐボディワークの基礎である、心の平安(ゼロ地点)の準備の為の座学として、2014年4月から月2~3回、オープンクラス時間帯に≪“A Course in Miracles” 勉強会≫ を、行っております。
ワークブック編は2017年11月に終了し、現在はマニュアル編の勉強会です。
原則的に7日、17日、27日の前後の日程での開催となります。
オープンクラスとしての扱いですので、1回のみのご参加も可能です。

内容はマニュアル編の読書会とシェアリングで構成します。
参加者は、マニュアル編の当日勉強会で読む部分を予習してきてください。
同時に、ある程度テキストを自習し、ワークブックのレッスン内容を実践(継続中あるいは終了)、していることが参加条件となります。

JCIM03.jpg

 第152回(M-39) 3月7日(木)
   現状と今後の進め方
   指針 【内なる平安のために】

 第153回(M-40) 3月14日(木)
   お話し会
   1.ACIMを学ぶことによって特別性の奴隷とならないために
   2.真理と愛と平和について

 第154回(M-41) 3月27日(水)
   マニュアル p.146 二十七.死とは何か
   マニュアル p.150 二十八.復活とは何か

 第155回(M-42) 4月5日(金)
   (復習)マニュアル p.150 二十八.復活とは何か
   マニュアル p.153 二十九.その他のこと

 第156回(M-43) 4月17日(水)
   (復習)マニュアル p.153 二十九.その他のこと
   用語の解説 p.160 序文/p.162 1.心-霊

 第157回(M-44) 4月25日(木)
   用語の解説 p.165 2.自我-奇跡/p.169 3.癒し-キリストの顔/p.172 4.真の知覚-智識

      

※内容は変更になる場合もありますので、随時「古代舞靈研究所 お知らせブログ」をご確認ください。
※ご参加は完全予約制となりますので、よろしくお願い申し上げます。
※場所・参加費に関しましては、公式ウェブサイトの 古代舞靈研究所 【稽古日程】をご参照くださいませ。
※オープンクラスチケットが使用できます。
http://www.maidama.com/adc/schedule/

※≪“A Course in Miracles” 勉強会≫ これまでの記録
http://alinews.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

※参考図書は、FIP/FACIM監修の邦訳 出版社:中央アート出版社の「奇跡講座 テキスト編」、「奇跡講座 ワークブック編」、「奇跡講座 マニュアル編」を使用します。
“A Course in Miracles” 関連図書は現在いくつかの出版社から発行されていますが、FIP/FACIM監修の邦訳、ヘレン シャックマン (著), 加藤 三代子, 澤井 美子 (翻訳) 『奇跡講座』を使用します。
他の出版社のテキストでは、受講することができませんのでご了承ください。
 
※翻訳・監修について詳しくは以下をご覧ください。
JACIM - 『奇跡講座』(ア・コース・イン・ミラクルズ)学習支援サイト
http://jacim.com/

※各テキスト類は、こちらからもご購入いただけます。
  本の画像をクリックしていただくとアマゾンの詳細ページにジャンプします。

     

テーマ:祝祭の舞・祈りの舞・タオダンス・暦舞・神子舞・ボディチューニングバレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/04/06(土) 13:44:57|
  2. A Course in Miracles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<≪“A Course in Miracles” 勉強会≫ 2019年 5.6.7月の予定 【マニュアル編】 | ホーム | ≪“A Course in Miracles” 勉強会≫ 2019年 2月の予定 【マニュアル編】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alinews.blog.fc2.com/tb.php/209-bb7f568e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)