FC2ブログ

古代舞靈研究所 お知らせブログ

イベントのお客様、古代舞靈研究所 会員様用 【イベント詳細情報・稽古日程変更・HP更新情報など】

2013.11.10 「ホピの予言」上映会at 藤野・BlueBar(野山の食堂)

急遽、決定いたしました。
いつも楽曲提供していただき、お世話になっていますガイネさんの 「天と地を結ぶインディアンフルート」にて舞わせていただきます。

◆11月10日(日)18:00~ at BLUE BAR(野山の食堂)
  18:00~ガイネの 「天と地を結ぶインディアンフルート」 演奏
  18:30~「ホピの予言」上映
  20:00過ぎ~交流会(食事代別途¥1000.)
  *映画には被爆者の映像も一部出てきます。

◆要予約・定員40名。

◆チャージ:1300円(ドリンク代¥500含む。小学生以下ドリンク代のみ)
   藤野の地域通貨「萬(よろず)」百萬使用可
   *必要経費以上の収入があった場合は、福島の親子の保養活動支援団体『しのばらんど』に寄付させていただきます。

◆主催: 「Save Our Soul & Heal The Earth」 世話人・ガイネ

◆申し込み・問い合わせ:
ガイネ 080-1022-5547 042-649-0616(FAX共)
    gaine@mtf.biglobe.ne.jp
「Save Our Soul & Heal The Earth」 は7世代先のこどもたちを想い、今後も非営利で様々な活動を行ってゆきます。


201208100.jpg
2012.8月 



※以下、ガイネさんによるFacebookイベントページからの転載です。
https://www.facebook.com/events/177363175799398/

宮田雪(きよし)さんの「ホピの予言」の上映会を行います。
「ホピ」とはアメリカインディアンのある種族の名前で、「平和の人々」を表しています。

「予言」と言うと、なんだかまやかしっぽい・・と感じる方もいるでしょう。
私もそういう時はありました。でも、この映画を観、アメリカインディアンの考え方などを学ぶにつけ、そのイメージは変わりました。

この映画は1986年に発表されたもので、以来、自主上映が全国で展開されてきました。
先日、私自身、20数年ぶりに観る機会を得、変わらぬ衝撃を受けました。
そして、3・11を経験した私たちにとって、今また新たな気づきを与えてくれるものと強く感じ、今回の上映会企画となりました。

未来を含めた5万年の歴史と、生きることの本当の意味を語り継ぐホピの人々。
彼らのそのメッセージは、この時代でさまよい歩く私たちのゆく道を指し示し、現代をシンプルに解き明かしてくれることでしょう。

多くの皆さんの参加をお待ちしています。

「ホピの予言」公式サイト 「らんど。あんど・らいふ」
http://hoshimeguri.com/landandlife/index.htm


-----------------------------------

「母なる大地から心臓をえぐり出してはならない、もしえぐり取ったならば、それは灰のつまった瓢箪と化し、空から降り、やがて世界を破滅に導く。この瓢箪の灰は、恐ろしい破壊力を持ち、 川を煮えたぎらせ、大地を焼き尽くし、生命が育たなくなる。そして人々は不治の奇病に苦しむだろう。 」

これはこの映画でも取り上げられているホピの予言の一つです。
ホピの守ってきた母なる大地からウランが採掘され、それが広島・長崎の原爆として投下されたことを後に知った彼らは、この世の中が予言されている「浄化の時」に近づいていることを悟り、破滅ではなく、「平和」への道へと歩めるよう、国連でメッセージを世界に向けて発信しました(国連にその件が受け入れられるのにも時間を要し、1976年になってからのことです)。

皆さんご存知のとおり、この100年の間に、世の中はすっかり変わりました。
この先、私たちはどこへ向かうのでしょう?
このままのスタイルで生き延びてゆくことは可能なのでしょうか?

--------------------------

ホピの予言にはわかりやすいところで以下のようなものもあります。

・空にたくさんの道ができる。
・鉄でできた、動く家ができる。
・馬がいらない馬車ができる。
・人はクモの巣を通して話をするようになる。
・人は宇宙を越えて話をするようになる。
・男の服を女が着るようになる。
・女のスカートがヒザより上になり、女性の聖なる体の価値を落としてしまう。
 それは他の多くのものが本来の価値を失うことを示唆する。
・白い兄弟たちは、「月にはしご」をかけるだろう。」
・あなた方は、天の住居の事を聞くようになるだろう。それは、大音響とともに落ちてくる。青い星のようなものが見える時、私たちの民族の儀式はまもなく終わりを告げるのだ。

ホピの教えの大切な部分はけして予言ではありませんが、映画のタイトルに即して挙げてみました。

★ネイティブアメリカン関連のHPとして、北山耕平氏のブログを紹介します。
ぜひお読みください♪
http://native.way-nifty.com/native_heart/2006/02/post_ecb6.html

さて、当日、上映前にミニコンサートを行います。
天と地を結ぶ祈りのインディアンフルートの音色をお聴きください。
10日にお会いしましょう♪

ガイネ

テーマ:寿舞-kotohogimai-(巫女舞) タオダンス ボディチューニングバレエ  - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/11/01(金) 17:19:09|
  2. イベント詳細情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013.12.3 旧暦霜月朔日 新月舞 「錬金術 空白のロンド」 | ホーム | 2013.11.16 ボディチューニングバレエWS 第1回目の開催です!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alinews.blog.fc2.com/tb.php/32-b83ae081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)